読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人の勉強は、アウトプットがゴール

1年くらい前に入社1年めの教科書を読みましたが、最近タイトルに書いた「社会人の勉強は、アウトプットがゴール」にとても共感しました。

一言で言うと
勉強をしていたつもりだったが、いざアウトプットが必要な場面で出てこない
という状況が起きてしまったからです。

 

そこでなぜ「社会人の勉強は、アウトプットがゴール」なのかを考えてみました。

 

頑張っているだけでは評価はされない

まずは社会人というところにフォーカスしてみると、社会人の評価=お金になる場合がほとんどです。
そうすると当たり前ですがあいつは凄い頑張っているから評価しようとはならず、どんな結果を出したかで評価をされます。
(もちろん人が評価をするのでその印象で評価が分かれることもありますが)
どんなに多くのインプットをしていても、アウトプットの質が低い以上は評価がされるということは少なくなってしまうでしょう。
評価されるために勉強をしているのではないと思う方もいるかと思いますが、あくまでこの本の存在意義を考えると入社1年目にフォーカスしているため、まずは社会人として評価されるということが大切になってくるかと思います。

 

PDCAを回せない

 

実際に多くのインプットをしたとしても、それが今後必要となる知識なのか、もしくは正しく解釈をしているのかがわかりません。
例えば営業をするためにたくさんインプットをしたとしても、それを実際に使ってみないと実際に使えってみないとわからないと思います。
もしかしたら新規の営業では使えるけど、既存顧客に対して営業を行っている場合にはあまり効果がないかもしれません。

さらに言うと、営業の勉強をした場合には先輩などにその知識をアウトプットしてフィードバックをもらうのが良いでしょう。
勉強の中でアウトプットをするということです。
そうすることでそれに対してフィードバックがもらうことで、さらにどんなインプットをするべきかわかると思います。
学生の時は答えがあるものをインプットする機会が多かったですし、定期的にテストがあって無理やりにでもアウトプットをする機会がありましたが、社会人は自分で意識して作らないとアウトプットの機会は多くありません。
そうすると仕事でアウトプットが必要な時にうまくアウトプットできないということになり評価に繋がらなくなってしまいます。
そうさせないために勉強の段階でアウトプットを行っておきPDCAを回し、いつでもアウトプットできる状態を作っておくということが社会人としては必要になると思います。

 

量、質ともに優れた勉強になる

1アウトプットするために1インプットでは足りないと思います。
1回見ただけでアウトプットできるようになるないため、アウトプットをするためにいろいろな記事を読んだり本を読んだり、また何回も同じことを読んだりします。
これがアウトプットを目的としていないと、一度本を読んだけどよく覚えていないということになりかねません。
また本を読む場合にもただ読むのと、読んだ後に内容を人に伝えなければいけなかったり感想文を書かなかったりしなければいけないというだけでその質がかなり上がります。
アウトプットを目的にするとインプットの段階からどんなところが使えそうか考えるようになるため質が上がるということです。

 

まとめ

書いていて入社1年目の教科書を読んでその内容について自分で考えることも「社会人の勉強は、アウトプットがゴール」の一つだなと思いました。
人に言われたことや本で読んだ内容が、自分で経験に基づいていることで納得感があればさらに自分の知識として身につくと思います。

仕事と勉強どちらに時間を使うべきか

仕事を続けるか、勉強をするか迷うことが多いです。

経営者なんかが揃って口にすることですが、20代のころは死ぬ気で働けと言ったことをよく耳にする気がします。

死ぬ気で働こうとか考えていた時もあったのですが、最近は仕事と勉強のバランスが重要だなって思ったりしています。

 

仕事はアウトプットがメインで勉強はインプットがメインと考えると、できないアウトプットを繰り返すよりも、インプットを多くする方が結果将来のアウトプット量は多くなるのではないかと感じています。

(もちろん仕事中にわからないことはインプットしますが)

 

スポーツで例えるとわかりやすいのですが、試合で身につく能力と練習で身につく能力はまた違ったものになると思います。

 

試合は実戦でしか学べない知見が学べたり、自分が持っているスキルをより実戦で使えるような形にできるというメリットがあります。

しかし試合で新しい技を身につけることは困難ですし、何か特定のスキルを伸ばすために反復して何かを行うことも難しいかと思います。

 

そう考えると試合をやりつつ、伸ばしたいスキルや補いたいスキルを練習で反復することや今は持っていない新しい技やスキルを練習で身につけ、それを試合をこなす中で実戦で使える形にしていくというアプローチが必要になります。

 

仕事と勉強のバランスもこれと同じことかなと思っています。

仕事でできなかった部分を勉強をして補い、身につけておいた方が良いスキルや知識をあらかじめ勉強をして習得しておき、それを実際に仕事で生かす。

そうすることにより徐々にできる幅を広げていけると、ただ仕事をこなすよりも将来のアウトプットの量は多くなっていくのではないかと思っています。

mikanを使って英単語を勉強しよう

多分この記事に行き着く人はほとんどいないと思うけど、mikanについて熱く語ってみる。

mikanは英単語を勉強するアプリです。

 

英単語アプリ mikan

英単語アプリ mikan

  • mikan Co.,Ltd.
  • 教育
  • 無料

 

ざっくり使ってみた感想をまとめてみた。

 

メリット

・スワイプ方式で短期間で覚えられる

・テストがあるから、身についているかどうかがわかりやすい

・手軽

 

デメリット

・単語の意味が1つしかわからない

・携帯でやるから通知が来ると集中力なくなる

 

メリットをまとめると、スワイプ方式で覚えやすく、その結果がテストでわかりやすいので毎日続けようと思えることかなと思います。

mikanに対してそこまで熱い思いがないことが判明した。

最新サービスのインプットをしたいなら、Service Safari(サービスサファリ)がおすすめ

意識してインプットしていないと、すぐ話についていけなくなってしまうなと最近感じています。

毎日のように新しいサービスが登場していますが、その情報を継続してインプットしていると、サービス同士の共通点に気がつけたり新しいアイディアを思いついたりできるなと思いました。

どんなサービスが出ているのかサービスサファリを使ってインプットしているので紹介したいと思います。

 

www.service-safari.com

 

サービスサファリの使いやすいところ

最新のサービスが毎日更新 

毎日更新されるのは良いですね。

サービスサファリを開くと、毎日聞いたことがないサービスの紹介をしてくれます。

検索ができる

検索できないサービスって少ないだろというツッコミもありそうですが。

実際毎日更新されるものなので、掲載量は多いと思います。

自分の興味のある分野で検索をすると、それを軸に書くサービスにどんな違いがあるのかわかるのは事業を考える上でとても役に立ちそうです。

いいねによって注目度がわかる

これはなんとなくわかるぐらいですが。

自分が良いなと思ったサービスにはいいねができて、マイページにストックされるようになっています。

新規のサービスといってもピンからキリまであると思うので、同じくサービスサファリを使用しているユーザーが、どのようなサービスに良いと思うのかなどがわかります。

 

ベンチャーに行きたい就活生は、ベンチャー企業の定義を考えておいたほうが良い

最近ベンチャー企業ってなんだろうって思うことが多くなってきました。

大手がベンチャーかで迷う就活生も多いと思いますが、ベンチャー行きたいと思っている就活生は、何をもってしてベンチャー企業であると判断するのか軸を持っていたほうが良いと思います。

 

ベンチャー企業とは」でググる

ベンチャー企業とは、革新的なアイデア・技術等をもとに、新しい形態のサービスやビジネス(ベンチャービジネス)を展開する中・小規模の企業のことです。 新興企業と同義で用いられることもあり、主に成長過程にある企業を指します。

こんな感じで出てきます。

これには結構同意していて、他の企業が行っていないようなイノベーティブな事業を行っている必要があると思います。

規模が小さく設立年数がまだ浅ければ基本的にはベンチャーだと言われるような気がしますが、実際に行っていることが他の企業と同じことをしていた場合には基本的にそれだけではすぐ頭打ちになります。

 

ベンチャーにいるとベンチャー界隈の人と多く会う機会がありますが、この判断軸で話を聞いていると、それって本当にベンチャーなの?ただ設立年数が浅いだけの会社じゃないの?と思うこともなきにしもあらず。

そのため他の会社にはない強みというか、事業レベルで差別化が図れていないといけないと思ってる。

 

設立年数が浅くて規模の小さいところに行ければ良いと思っている人は、それはそれで良いと思っていますが、ベンチャーに入る一番良いところは会社が急成長する過程を経験できることだと思います。

まあそれは良いとして、自分の中で判断軸を持っていないと、ベンチャー企業だと思って入社してみたらベンチャー感がしないとかこれって本当にベンチャーなのかなと思ったりとギャップを感じてしまうよってお話でした。

やる気のあるうちに習慣化させよう

毎年1月は今年の目標を考えてこうしようと考える人が多いと思います。

だいたい年始に立てた目標ってモチベーションが続かずに何をやらずに終わってしまうことが多いと思うのですが、最近少しずつ立てた目標をこなせるようになりました。

その分岐点になるのが「やる気のあるうちに習慣化」できるかどうかだと思います。

 

そもそも習慣になっているとはどういう状態か

これは特に意識しなくても行える状態のことです。

寝る前に歯を磨こうとかお風呂に入るとか、意識しなくても自然と1日の中に組み込まれている状態であれば習慣化されていると言えると思います。

例えば毎日オンラインの英会話することが習慣化されている状態で、夜になってもまだやっていなかったら、やばい早くやっちゃわないとと思える状態です。

習慣化させる大切さ

これは人間が使えるエネルギーってある程度決まっているから習慣化をさせる必要があるのではないかと思っています。

あれもやらなきゃこれもやらなきゃという状態はかなり大変ですよね。

人にもよりますがそのキャパは必ず決まっていると思うので、他にやることがたくさんあっても行えるようになるには、それに対してエネルギーを使わないで行えるようにするしかないと思います。

頑張りたくない人ほど習慣化させてしまおう

習慣化させてしまうと、周りから見ると毎日やっていて頑張っているなと思われますが、実際には習慣だから何を考えずにやっているだけで頑張る必要がなくなります。

習慣化させるまでは頑張る必要がありますが、途中で挫折してまた新しいことを初めてを繰り返すよりも習慣化させてしまった方が楽ですよね。

1年間も頑張りたくないから、一番やる気のある最初の1か月だけ頑張る。

これを意識して楽に成長できる1年を過ごすことができたら良いですね。

 

振り返りを行う

振り返りも大切です。何か達成したい目的があるからその習慣(オンライン英会話)を行っているのだと思います。

そのため習慣化はできてもそれで目的が達成されるのかを考える必要はあります。

そうすると今の習慣をもう少し変えた方が良かったり、実は全く意味のないことをやっていたなんてこともあるかもしれません。

 

また振り返りを行うことで、自分がどのように習慣化させたのかを理解しておくと、次に新しい習慣をつくりたいときにも応用できると思います。

休憩とは教科(内容)を変えること

今日からセンター試験が始まりましたね。

自分が学生時代や社会人になってからどのように勉強をしてきたか、そのポイントを振り返ってみて効率的だったなと思うことをまとめました。(1個だけですが笑)

 

タイトルでも書きましたが「休憩とは教科(内容)を変えること」これを結構意識していました。

結論これを意識しておけば、長時間の勉強が行えるようになると思います。

 

前提として

学生時代であれば受験やテストの勉強、社会人になってから仕事で学んだことを復習をしり新しい知識を習得したりと、同時に様々なことを行わなければいけないと思います。

何も意識をしていないとたいていの場合は

勉強をする➡︎疲れたら休憩➡︎また勉強をする➡︎疲れたら休憩

このサイクルの繰り返しだと思います。

 

より効率的にするために

 休憩が必要な場合はどんな時か考えてみると、

  1. 体or頭が限界
  2. 集中力が切れてきた
  3. その他外的要因

集中している状態で体も頭もまだまだフル回転の状態であれば休憩は取らないので、おそらく1と2が自分の判断で休憩を取るタイミングだと思います。

 

もちろん限界になる前に休憩をとります。

しかし頭も体も元気な状態で休憩を取ってしまうのは少し時間の使い方としてはもったいないですね。

そこで、休憩を取るタイミングで教科を変えることで、集中力が切れにくくなるのではないかと考えました。

 

実際にやってみて

勉強をする➡︎疲れたら休憩➡︎また勉強をする➡︎疲れたら休憩

このような今までのサイクルから

勉強をする➡︎集中力が切れてきたら他の教科の勉強➡︎集中力が切れてきたら他の教科の勉強・・・➡︎体or頭が限界になったら休憩

このようなサイクルに変更しました。

 

今までは1つの問題にすごく時間をかけたけど解けないから一度休憩をしよう!みたいなことも多かったのですが、実際には全然できないから一度やめたいだけで教科を変えたら休憩を取らないでよかったなと思えるぐらい集中できたりはしました。

少し今やっていることが飽きたら休憩がてら英単語でもやって、また元の教科に戻るとかでもかなり違いが生まれると思います。

スイッチングコストは発生する

安易に教科を変えまくっているとあまり効率的ではないかもしれません。

実際に教科を変えたタイミングで何からやるか、前回はどこまでやったかのようなコストは発生します。

休憩をする時間を減らせたとしても、勉強に取りかかるまでの確認の時間が増えてしまっては意味がありません。

 

そのためある程度今日は何を勉強するのかリストを作成しておき、最初に勉強する教科が飽きてしまったら次にこれをやるなどの計画性は持った上で行うのがより効率的になるのではないかと思いました。 

まとめ

勉強の仕方なんて人それぞれですが、一つ参考にしていただけると良いかなと思います。