ニックネーム募集中

考えたこととかいろいろ。

キャリアプランを考える人へ。何をやるのかを決めるのと同じぐらい何をやらないかを決めるのが重要なのではないか

色々とやりたいことがある人向けの内容かもしれません。
全くやりたいこともないし、よくわからないという人は時間の無駄だと思うので他の記事へ。笑

わたしはやりたいことが色々とあります。
エンジニアとしてもっとサーバサイドの開発をできるようになりたいし、
デザインとかも勉強して見たいし、自分で事業もやってみたい。
今の環境なら全てやろうと思えばできてしまうのですが、できるからといって全てやることが良いとは限りません。
当たり前のように時間は限られているので、一つのことをやったら一つのことはできなくなるからです。

やらないことを決める重要さ

やらなきゃいけないこと、やった方がいいことで溢れていると思っています。
今やっている仕事をもっとできるようにすること、
ステップアップするために必要なこと。 あとは英語なんかもそうですね。

何をやるか?をいきなり考えると結構難しいなと思ってしまいます。
その選択であっているのか?とか考えてしまうので。

でも今ある選択肢の中からやらないことを決めていけば、
残ったものがやるべきことになります。
特にベンチャー企業のように比較的なんでもやらせてもらえる環境にいる場合には、
特に何を意図してやらないかということを決めておいた方が良いでしょう。

じゃないと色々とやって見たものの、何も残っていないということになりかねません。

また、やらないことを決めるということを言い訳ににして、
本当はやった方が良いことをやらないということも避けた方が良いです。笑
可能であれば少しでもいいからやって見て決めるということは
意識しておいた方が良いと思います。

とはいえ軸は複数作る

自分がやることを1つに絞りそれ以外はやりませんということはやめた方が良いです。
短期的に1つのことに集中して、次のステップで他のことをやるというのは良いのですが。

単純に武器になるものが1つしかないと、
自分の能力以上の人がいた場合に評価はされにくいですし、
その1つが人工知能に取られたりする可能性もありリスクが高いです。
それならば軸は複数作って、その相乗効果で
自分にしか出せない強みを出したほうが良いのではないでしょうか。

サンクコストは気にしない方が良い

サンクコストとはかけたコストの中でも、
もう戻ってこないコストのことを言います。

例えば数億円投資している事業があったとして、
あまりリターンが望めないとします。
その場合にはその事業は撤退した方が良いのですが、
すでに数億円を投資してしまっているため撤退してしまったら今までの投資が無駄になると思い、
撤退できないケースなどがサンクコストを意識してしまったために不適切な判断をしてしまうよくある例です。

個人の話でも自分が今まで勉強をしてきた分野にとらわれずに
今後どんなことが必要になるのか?という目線でやらないことを決めていくのが良いと思います。

極端な話、自分が20年勉強してきたことでも、
今後全く必要がないのであればそれはやめた方が良いです。
20年も勉強してきたことが無駄になる!
と思ってしまうのがサンクコストですが
すでにそれはやめなくても戻ってきません。

それならば、今後役に立つことに対して時間を使った方が良いはずです。