ニックネーム募集中

考えたこととかいろいろ。

【学生向け】面接の最初の5分で押さえておくべき5つのこと

以前からそこまで回数は多くないものの、学生と面接をやることがあります。

自分が学生の時に面接は最初が大事だぞというふうに聞いていたのですが

いざ自分が面接をする立場になると、最初の5分でポジティブな面がない方は

振り返ってみると今まで一人も選考を通していませんでした。

 

最初の5分の重要性

最初の5分はお互いがよりリアルに知るための場づくりだと思っています。

そして初めてあった人と話しやすい場が作れると言うことが

すでにある程度社交性やコミュニケーション能力があると言えます。

そのタイミングでは過去の経験でアピールするのではなく、

実際にその日に良い場を作れると言うことをアピールした方が良いと思っています。

 

仕事を初めても社内外合わせて色々な人と関係性を築かないといけません。

面接にきてくれた人が、その良い関係性を難なく築ける人なのか?が

最初の5分で大体わかるのではないかと思います。

 

逆にたった5分なので、できることは限られていて、

そのポイントを理解すればその後の面接も進めやすくなると思います。

所属している会社の意見ではなく、私個人の見解ですが少しでも参考になれば良いかなと思い書いてみました。

全て面接する側にも当てはまるのですが、お互いが少し意識するだけで、

面接をかなり良い場にできると思っています!

 

1. まずは立って挨拶

中途の方だとこの辺のマナーはしっかりしているのですが、学生の方だとできない方も多いです。

正直そこまできにすることでもないのですが、できている方ができていないよりも

ちゃんとマナーを抑えているなあという印象を最初に与えられると思います。

 

細かいのですが、マナーに関しては知っていて損はありません。

人によってはかなりの減点になることもあるので、相手がどんな人かわからない状態では

マナーについてはたくさん調べておいた方が確実です。

 

2. お礼の言葉

「お時間とっていただきありがとうございます」とかで十分なのですが、

この一言があるかないかでかなり印象が代わります。

単純に相手のことを気遣えている印象を与えられるので、

掴みとしてはかなり効果が高いと思います。

 

残念ながら面接をする側でもやらない方はいるのですが、

社会人になってからも必要なスキルなので、やっておいて方が良いです。

 

対面接官に限らず、受付の対応をしてくれた人などにも同じように接しておきましょう。

 

3. 笑顔を見せる

これはぶっきらぼうな面接官よりも笑顔を見せてくれる面接官の方が

話しやすのをイメージしてもらえれば良いと思います(笑)

面接をする側も普通に緊張することはありますし、早い段階で笑顔を見せてくれると

その後和やかなムードで面接を進めやすいと思います。

 

あくまで笑いではなくて笑顔程度で大丈夫です!

あまりにもひきつる人はしょうがないですが、最初の5分以外にも意識すると良いポイントです!

 

4. 相手がアイスブレイクをしてきたら乗っかる

面接の最初の段階だとお互い緊張しているので、

いきなり会社の説明や学生時代のことを質問はしません。

基本的にアイスブレイクとして、その日の話だったり

レジュメを見てアイスブレイクに使えそうな内容を探しています。

 

アイスブレイクが下手な面接官も多いとは思うのですが、「そうですね」で終わらず、

「そうなんですね + 笑顔」とか、できれば何か一つ質問を返すとかするとめっちゃ良いです。

 

特にアイスブレイクが下手な面接官ほど、今回はやりやすいぞと思うので(笑)

あくまでその場の空気を作るのは面接官ではなくお互いなので、

なるべくポジティブな返しをすると、進めやすくなります!! 

 

5. 余計に話しすぎない

アイスブレイクは場をなごますのが目的なので、余計な話を重ねても良いのですが、

自己紹介に情報をたくさん盛り込むなどは避けた方が良いかと思います。

 

最初の5分ってまだまだ話していないことだらけですよね!

色々話したいことも残っていますが、面接をする立場からすると、

相手がどんなタイプがわからないので、まだ探っている状態です。

 

そのためアイスブレイクで場を作ったり、あたり触りのない会話から始めて

こんな感じに進めて行こうかなと言うことを考えています。

 

その段階であまりたくさんの情報を回答に盛り込まない方が良いと思います。

特に簡単に自己紹介とかざっくりと言われた場合には1分以内に納めて、

残りは興味があるところをあとで質問してもらうようにしましょう!

 

最後に

簡単でしたが、知っているだけですぐ実践できてよく見せられる方法でした!

ある程度なれの部分もありますが、最初の挨拶からお礼の言葉なんかは

相手にあまり左右されずにできる部分なので、まずは実践して見てください。

もちろん、最初の5分で良い場を作ってからが面接の本番ですので頑張ってください!(笑)