ニックネーム募集中

考えたこととかいろいろ。

Qiita受けしそうなものと、自信がないものはQiitaに書いて、それ以外はブログに書く

 最近ブログを書くようになったのですがもともと技術的な内容はQiitaに書いていました。

今後技術的な内容もこちらのブログにどんどん書いていきたいなと思っているのですが

実際Qiitaの方が SEO が強く、PV 数も多くなるのでどのように使い分けようか悩んでいます。

調べると結構同じような記事があって、いろんな意見があるので面白いですね。

 

そもそもなんでアウトプットをしているか?

目的とサービスの特性を考えれば、どこに何を書くべきかが整理つくかなと思いました。

私の場合は、一番は勉強になることで、次にエンジニアとしてのブランディングにもなるかなといったところです。

最近少しお金稼げるようになったら良いなと思うようになってきました(笑)

勉強とブランディングの2つかなと思います。(あとちょっと稼げるようになったら良いかな)

 

Qiitaの良さ

Qiitaの良いところは、やはりPV数が多くなりやすいところだと思います。

それによっていいねが増えてモチベーションが維持しやすいです。

また、コメントをしてくれるユーザーの数も多くなるので、

仮に内容が間違っていたとしても指摘してもらえたり

もっと良い方法があるなど教えてもらうことができるのは良い点だと思います。 

 
Qiitaに書きたくないこと

技術に関係ないことは書けないですし、 技術が少し出てくるけど

ほとんどポエムみたいなことも書かないようにはしています。

また自分用のメモみたいなのは、他の人には不必要なものであるので、

あまりQiitaに書こうと思わないですし、他の人にも書いて欲しくないです。

 

ブログの良さ

やはり自分の空間なので、自由に好きなことがかけることだと思います。

あとはお金を稼ごうと思ったらこちらが必須ですね。

 

結局どう使い分けるか

この2つに当てはまれば、Qiitaに書こうと思います。

 
1. Qiita受けしそうなもの

なんとなくQiitaのトレンドを見ていると、

こんな感じのって受けるよなってものがわかってきます。

ブログがかなりよくなってきたら別なのですが、それまではQiitaにかけばバズるものは

Qiitaに書いてしまった方が短時間で自分のブランディングができると思います。

 
2. 他の人にも見て欲しい技術的な内容

もう少し良い書き方ありそうなんだけど、どうなんだろうとか

少し自信がないものに関しては、コミュニティの強いQiitaに書きたいです。

書き始める前はそんな中途半端な情報を発信していいのだろうかと思っていたのですが、

どんな情報にも発信する側の意図があり、

それを受け取る側がどのように解釈するかが重要だと思います。

 

もちろん意図的に間違った情報を発信するのは問題です。

しかし、正しい情報を得たければ公式の資料を見たり、コードを読んだりするべきなので、

情報を発信する側になってそこまで身構える必要もないと思いました。