bunty's blog

ググったこととか勉強したことのメモ

「Phantom」を読んだ

Tiktokで紹介されていて、興味を持ったので読んでみた。内容についてはこちら。

外資系食料品メーカーの事務職として働く元地下アイドルの華美は、 生活費を切り詰め株に投資することで、 給与収入と同じ配当を生む分身(システム)の構築を目論んでいる。 恋人の直幸は「使わないお金は死んでいる」と華美を笑うが、 とある人物率いるオンラインコミュニティ活動にのめり込んでゆく。 そのアップデートされた物々交換の世界は、 マネーゲームに明け暮れる現代の金融システムを乗り越えゆくのだ、と。

やがて会員たちと集団生活を始めた直幸を取り戻すべく、 華美は《分身》の力を使おうとするのだが……。 金に近づけば、死に近づく。 高度に発達した資本主義、その欠陥を衝くように生まれる新たな幻影。 羽田圭介の新たな代表作。

Phantom

自分も株式投資も行っているので、無駄な出費を抑えて株に回したい気持ちはすごくわかるし、オンラインサロンにも入っていたり、何か自分のためにお金を使うことが重要なのもわかる。 どちらの気持ちもわかると思ったので、どちらの目線でも楽しめそうで面白そうに感じた。

読んでみて考えたこと

お金を稼いで何をしたいのか?

特に彼女が作ろうとしている配当金のシステムは、5000万円を貯めてそれを運用することで毎年250万円ほど稼ぐというものだった。 自動でお金が入ってくる仕組みというのはすごく魅力的だなと自分も思っている。

彼女の方が投資で成功している人たちに会うシーンがあった。 その人たちは投資で成功してお金がたくさんあるけど、それでもまだ節約をしていてあまり身なりも良くない。 その人たちを見て、自動でお金が入ってきても、なんだ生活保護と変わらないじゃないかという心理描写があり、そこがすごく印象的だった。

確かに仮に毎年お金が自動で入ってくるというところだけ見ると、生活保護も同じといえば同じ。

確かに何年もかけて自動でお金が入ってくる仕組みを作ったとして、それで何をやりたいんだろう?
将来お金をたくさん手に入れるために、今の時間を使いすぎることは良いのだろうか?
仮に将来お金を手に入れた時によかったと思うのだろうか?

その時にはお金よりも時間の方が欲しいと思っているのではないかと思ってしまう。
余った時間、余ったお金で将来のためになりそうなことをやるのは良いと思うのだけども、今の時間やお金をほとんど使ってまで将来のために投資することは自分はしないようにしようと思った。

お金の価値

これに関してはざっくりと 2 つあると思っている。

1 つは使ったときに発生する価値。
これは旅行に行って普段できない経験ができたり、美味しい食べ物を食べて満足感を味わったり、便利なものを買って自分の時間が多くできたりなど。 この価値はもちろん使うまでは発生しないので、将来のためにお金を貯金するだけではこの価値を得ることはできない。

2 つめは持っている価値。
一定のお金を持っていれば安心感が得られると思っていて、仮に病気になったとしてもお金で困ることはないなとか、コロナのような想定外のことが起こったらどうしようと将来について不安を感じることは少なくなると思う。 何かに挑戦するときにも、一定期間お金が稼げなくても暮らしていけるので、お金を持っているということが何か挑戦をすることの後押しになることもある。

貯めれば貯めるほど、2 の価値は増えていくが、ここを目的にしてしまうと 1 の価値を得ることができなくなる。 今回の話は、女性の方がもともと 2 の価値を重視していたが、パートナーを助けるために大金を使うことで 1 に価値を感じるようになっていた。

将来お金によりもたらされるであろうと予想された効用は、どこまでいっても実体のない、頭の中の可能性でしかなかった。それが思いきって使うことで、今そのものになった。


現在一六五〇万円ほどの自分の金融資産を将来的に五〇〇〇万円まで、あるいは無限に増やしたいと思ういっぽう、生きているうちにそれをゼロにしたいという欲望も強く感じていることに気づいた。

自分の場合は、意識をしないとただ貯めることを優先してしまう気がしている。だからこそ自分は意識をして使うべきときにお金を使えるようになりたいと思った。

終わりに

お金の使い方、時間の使い方について考える良い機会だった。 お金はすごく重要ではあるが、それを目的にしてしまうのはよくないのだと思う。あくまで手段として割り切る必要があるし、お金を稼ぐために失うものにも目を向ける必要がある。

これがリアルなのかもしれないけど、二人とも工場勤務で年収が200万円台だった。 単純にお金を稼ごうと思ったら、年収を上げる方が手っ取り早い気がした。ただこの考えは、無意識に自分が関わってきた人たちや社会を前提に考えてしまっているなと思った。

自分はずっと東京にいるので、仕事はたくさんあるしいくらでも転職ができる。 例えば地方の田舎の方にいくと、あまり仕事の選択肢が無かったりそもそも高い年収の仕事がないところもあると思う。 無意識に自分の前提条件の上で物事を考えてしまうのはよくない。 ちょっと前に「他者と働く」を読んで、相手のナラティブで考えるという話が出てきたので、そんなことを考えた。

dhate.hatenablog.com

最後の方で彼女の方の心理描写。

紫外線を避けること以上の究極のアンチエイジングは、今を生きるということだ。今を未来に先送りしても、その未来でなにもやらないのなら、意味がない。今やっていることは、今しかできないことだった。

お金の話を多く書いたが、この小説としては「今を生きる」ということが 1 つメッセージになっているのだと思う。 結局お金の話も突き詰めると、今のために使うのか将来のために残しておくのかということになる。 将来のために使わないでいた彼女が、今のために使う変化を通じてこのメッセージを残したのだと思う。

「いくつになっても恥をかける人になる」を読んだ

恥に注目をした本は今まで見たことがなくて珍しいなと思いました。 自分も率先して恥を描きたいとは思っていないので、何かに挑戦するときに恥を避けるためにブレーキをかけてしまっているのではないか?と思いこの本を読んでみました。

いくつになっても恥をかける人になる 【DL特典 恥克服ワークシート】 | 中川 諒 |本 | 通販 | Amazon

読んでみてどうだったか

恥をかく = 投資

この考え方が本の中で紹介されてましたが、とても良い考え方だと思いました。 自分のやりたいことを恥ずかしいからと言う理由でやらないのはもったいないし、その経験自体自分のコンフォートゾーンを出る経験とも捉えられるので、確かに投資と捉えられそうです。

ちょっとした恥ずかしさから逃げていると、いつも同じことをやったり同じ人と遊んだり変化のない人生になってしまいます。 恥をかくと言う事はある意味自分の人生のちょっとした変化であり、その変化が将来につながるのではないかと感じました。

迷ったときの選択肢の選び方

もう一つ面白いなと思ったのは迷ったときの選び方についてです。 この本の中で迷った時は恥ずかしいと思う方を選ぶと言う意思決定の仕方が紹介されていました。

選択肢に直面した瞬間に恥を目印にして「迷ったときは恥ずかしいと思うほうを選ぶ」ようにすると、積極的行動を選べるようになる。これは反射的に恥を回避して消極的選択をしてしまう自分自身への戒めでもある。

恥をかく = 投資として考えればそれも納得です。 おそらくあまり大きな意思決定に向いている考え方では無いのですが、日々のちょっとした判断にとても使えると感じました。

慣れていることなどには恥ずかしさを感じることはあまりないため、恥ずかしいと思う方 = 新しい方とも捉えられます。 ちょっと前に仕事は楽しいかねという本を読んで、試すことに失敗はないということを学んだので、この考えと結びつきました。

dhate.hatenablog.com

恥をかく行動はチャンス

下記の記載があり、なるほどそのような考え方もあるのかと感じました。

このような少し恥を感じる行動がなぜチャンスに変わるかというと、他の人もあなたと同じように恥ずかしくて行動に移せていないからである。その恥を乗り越えてあなたが行動に移すことができれば、この小さな行動はチャンスに変わる。

何かに挑戦をするという文脈で考えると、みんながやっていることならおそらく恥ずかしさは少ないと思います。もちろん何事も初めての時は恥ずかしさが伴うかもしれませんが。 確かにYoutubeとかtiktokの配信なんかを想像するとわかりやすいですね。 恥ずかしさが一つの壁になっているからこそ、そこを乗り越えられる人とそうではない人に分かれ、乗り越えられた人にとってはチャンスになると。

終わりに

後半の方にはどんな行動をすると良いのか、50 もまとめてあります。すごくちょっとしたこともありますが、こちらも参考になりました。

結局はこの恥ずかしさも自分の解釈次第だと思いました。 恥ずかしいと感じるからこれは自分にとっては新しいことなのかもしれないとか、他の人も同様に感じるからチャンスなのかもしれないと、ポジティブな解釈が少しできるようになった気がします。 「仕事は楽しいかね」を読んだ際に書いたアクションは少なからず恥ずかしさを伴うものがあるので、まずはこの解釈のもと、それらを実際にやってみようと思います。

「他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論」を読んだ

対話や解釈の重要性を感じる本だった。最近このように解釈に関わる本だったり、言葉の重要性を感じる本をよく読んでいる。

忖度、対立、抑圧…あらゆる組織の問題において、「わかりあえないこと」は障害ではない。むしろすべての始まりである──。 ノウハウが通用しない問題を突破する、組織論とナラティヴ・アプローチの超実践的融合。 いま名だたる企業がこぞってメンタリングを熱望する気鋭の経営学者、待望のデビュー作!

他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論 (NewsPicksパブリッシング)

組織とは関係性である

個人的にいくつかわかりやすいと思ったポイントがある。

対話とは、一言で言うと「新しい関係性を構築すること」です。

対話は不要な対立を避けるための行動

組織とはそもそも「関係性」だからです。

組織をつくろうってなった時に、そもそも組織とか文化ってなんだろう?と考えることがあった。 組織は関係性であり、対話によって新しい関係性を構築することできるので、対話は重要であるというのはわかりやすい。

他の会社とかチームを見るときに、そこに属している人たちとその関係性を見てこんな組織だなと判断をしている。 言いたいことがなんでも言えていそうであれば、風通しが良さそうとか心理的安全が高そうな組織なのかなと思う。

組織を作るということは、人を増やしたり減らしたりしながら、チームメンバーの関係性を構築していくこと。 もしくは、ポジティブな関係性の総量を多くすることとも捉えられるのかなと思った。

相手のナラティヴに立って相手を見てみる

じゃあどうやって対話をしていくのが良いのかという話に繋がるのだが、ナラティヴの話が多く出てきた。 ナラティヴとは解釈の枠組みのことだそう。

参考 snabi.jp

ただ相手の立場に立って考えましょうというよりも、相手と自分との解釈の違いを理解して、その溝に橋渡しをしましょうという文脈。

めちゃくちゃめんどくさそうなタスクができるか聞かれた時に、技術的には可能ですと乗り切るのはもちろんダメ。笑 自分のナラティヴでそのタスクを考えているだけで、相手のナラティヴに立って考えられていない。 例えば事業や会社全体を見ている上司からの確認だったとして、相手のナラティヴに立って考えてみると、もしかしたら実現したら大きなインパクトがあるものなのかもしれない。

自分がやりたくないと思う理由が何かしらあると思うが、例えば人が足りないなら増やしてもらえないのかどうか対話をする。 人がいても知識が足りないのであれば、その領域に詳しい人をアサインしてもらうことや、社外にアドバイザーのような人を用意できないか話してみる。 そんな風にしてそれぞれのナラティヴを考えて行動していくということが重要。

終わりに

冒頭で下記の記載があった。

知識として正しことと、実戦との間には大きな隔たりがある

あくまで本を読んだだけだと知っていることに過ぎないので、実践していきたい。 それにしても仕事をしていないといざ実践する場もないからなかなか困るということに最近気がついた。笑

ちょっと振り返ってみると、対話は誰からでもできることだし、もっとやるべきだったなと思う。 一度できた関係性を変えるのは一から作るよりも難しいので、ちょうど転職をして新しい会社で働き始める際にまたこのブログを読み返したい。

「それ、勝手な決めつけかもよ?だれかの正解にしばられない「解釈」の練習」を読んだ

コーチングを受けていて、事実は変えられなくても自分の解釈が変わると大きく動き方が変わるということがある。 これは自分自身にも当てはまるし他の人と会話をする時にもそうだと思う。 そう思うと、解釈は今後一つ重要なポイントになってくるので興味を持った。

それ、勝手な決めつけかもよ?だれかの正解にしばられない「解釈」の練習

読んでみて感じたこと

積極的受け身

著者が先輩から言われた一言らしい。これをみた時にすごく自分に当てはまるなと思った。

色々とやっている方なのですごくアクティブな人に見られがちなんだけど、実は他の人がよく誘ってくれてそれに乗っているだけだったりする。 何かに誘われた時に迷ったらとりあえず行ったり試してみるようにしているので、結構呼べば来るやつみたいなキャラになっていると思う。 そのおかげで色々と声をかけてもらえることがあり、新しいことに挑戦する機会が増えている。 色々やっていて積極的なようだけど、実は他の人からの声かけに対する反応をしているという意味でそこは受け身。

そうなるとそもそも人から誘われないと何もできないのかという話になるが、それがそうでもない。 本当にやりたいと思ったことは自分からやるし、本当にやりたくないことはやらない。 でもどっちでもないような中間の方が多くて、そこら辺が積極的受け身になっている。

とか書いていて思ったけど、みんな自分で決めたと思っていても、どこかから強く影響を強く受けているのだと思う。

問いの重要性

読んでいてこれをすごく感じた。 事実に対して自分がどんな解釈をするか?という話なのだが、問いを変えることでその解釈を変えることをできる。 ネガティブに捉えがちな事実があったとしても、ポジティブにつながるような問いかけや接続詞を繋げて考えると、自然と捉え方が良くなるように感じた。

物事の捉え方が変わるとそれに基づく行動も変わる。その出発点が問いなどの言葉であって、最近言葉の重要性をすごく感じている。 自分や対話をしている相手が、現状の解釈とは違った目線でその物事を考えられるようにするためには、どんな問いが必要だろうか。とか今後はたくさん考えていくことになるのだろうなと思った。

良いと思った解釈

いくつか紹介されていた内容で良いなと思ったものがあった。

  • 心の葛藤 → 心の成長痛. 葛藤というと迷って抜け出せないようなイメージだが、成長痛というとこれを乗り越えたときに成長できそうなポジティブなイメージをもてる。 ポジティブに考えられる方がその問題にも向き合っていける気がしていて、迷っている人に自然と良い捉え方をできるような言葉をかけられるようになりたい。

  • 挫折は別れ道. 挫折というと進もうと思っていた道に進めなくなったネガティブな印象。 挫折はやりたいと思っていたことを諦めた悪い変化ではなくて、今まで進もうと思っていた道以外にも進める道があることに気がついたタイミングなのかもしれない。 正直どっちにすすんでもその先がどうなっているかなんてわからないんだから、新しい道に進んでみてもいいんじゃない?と思えたら、もしかしたら捉え方が変わるのかもしれない。

解釈をいきなり変えようと思うのは難しいけど、まずは使う言葉を変えてみるということはできそう。 ちょっと無理矢理にでも一度ポジティブな解釈ができるように言い換えてみるのは良さそう。

自分の方向性

とある学生が書いた自分の being についての内容。これすごく共感できたし自分もこれにしようと思った。笑

「すき」「やりたい」に素直でいたい

やっぱり doing よりも being の方が考えていて自分はしっくりくる。 自分が好きなこととかやりたいと思ったことに対して言い訳をしたくないし、いくつになっても挑戦したいと思っている。 その being を表したシンプルな言葉だと思った。

「残像に口紅を」を読んだ

世界から文字を1つずつ削除していったらどうなるかという虚構の話。 この小説の主人公が小説家で、この設定の虚構の小説を書くために、この虚構の世界で生活をする。 言葉が消えるだけではなく、その概念が消えてしまう。 例えば「ぶ」という文字が消えたら、その言葉を発せないだけではなく、ブログやぶどうといった存在もこの世界から消えてしまうので、ただ会話に困るだけではなく、実際の世界にも変化がある。

「あ」が消えると、「愛」も「あなた」もなくなった。ひとつ、またひとつと言葉が失われてゆく世界で、執筆し、飲食し、交情する小説家。筒井康隆、究極の実験的長篇。

www.amazon.co.jp

小説の中でも何回も虚構という言葉が出てくるので。

dictionary.goo.ne.jp

読んでどうだったか

この本を読む前は、てっきり言葉がなくなっていくにつれて、言葉はすごく大事なんだなと思うのかと思っていた。 ただ中盤の方までは、どちらかというと言葉がなくなっても、少しまわりくどくはなっても会話はできるなと思ったし、特定の言葉がなくてもなんとかなる。 特定の単語を含めずに穴の空いた文章でも大体言いたいことは推測できてしまうので、思ったよりも人間って適当なんだなと思った。

言葉が少ない中で話をするということは、理解することを相手の知識や想像力に任せていることになるのだと思う。おそらくこういうことを言いたいのだろうと。 自分が伝えたいことを正しい文章で伝えないと、相手の想像で勝手に埋められてしまい、ちゃんと伝わらない。

適切な言葉がなくなるとどうなるか

確かに言葉がなくなっても、近しい意味の言葉はたくさんある。ただ、語尾が変わるだけで印象はかなり変わる。 同じ文章を伝えるにしても、どんな言葉を使うのかによって、その人がどんな人に見えるのかが大きく変わった。

主人公は作家なので語彙が豊富だったため、比較的後半になっても会話が成立していた。 その他の人はうまく話せなくなっていたりもして、適切な言葉が使えないとそれを表現ために態度がかわってくる。 言葉が失われることによって必ずしもコミュニケーションが取れなくなる訳ではないが、使う言葉が変わるだけで、人が変わってしまうようだった

この小説の世界では選べる言葉がなくなっていく。 でも、ちょっとした解釈の違いで炎上することも多い世の中を見れば、言葉を選ぶことの重要性は大きくなっていると思う。 これだけ選んで使えるのだから、どんな言葉を使うのかはちゃんと選ぼう。

おわりに

こんな一節があった。

「君は、ただのことばに感情移入できるかい。たいていの人は、そのことばに感情を動かされるんじゃなくて、そのことばが示しているイメージに感情を動かされるものだがね。抽象的なことばは別としてだが」

タイトルの「残像に口紅を」は、娘が消えてしまった際に一度で良いから化粧をしている姿を見たかったと思うところから来ている。 かすかに残っている娘のイメージに、主人公が口紅をしてあげる。 人は失った時に初めてその価値に気がつくということを、「言葉」で表現しているのがこの小説なのだと思った。

「変な家」を読んだ

以前YouTubeでこれの紹介動画を見たのですが、とてもミステリアスな内容で楽しそうだと思ったので実際に本を買って読んでみました。 おかしな間取りの家にまつわる話です。興味がある人はこのYouTubeを見てもらうと概要が紹介されております。 この家の間取りがなぜこうなっているのかその背景にどんな事件が隠されているのか、それをひもといていく話になっています。

www.youtube.com

変な家

読んでみた感想

結論から言うと、YouTubeの紹介動画の期待値は超えてこなかったと思いました。 明らかにおかしな間取りで、その理由がわからない序盤は楽しかったのですが、最終的な結論が少しチープなものに感じてしまいました。 普段からよく本を読む人にはお勧めしないけど、小説は全く読まずに SNS だけよくやるような人には向いているのかもしれません。

売り方の変化

小説に関しては、何かの賞を受賞したことがきっかけで人気になるイメージが多かったのですが、Youtube の動画から人気になったようです。 本に関しても他の業界と同じような流れができているのでしょうか。

内容はどうであれ、マーケティングとしては成功していますね。 確かに自分も Twitter とか TikTok で紹介されている本を読むことが多くなってきているので、本の販売に関しても動画は 1 つ重要なポイントになりそうです。 特に若い世代であればあるほどその傾向は強くなっていると思います。

今回ほとんど中身のない内容になってしまいましたが、まあ最近ノンフィクションやルポを読むことが多くなっていたので、これもよしとしよう。

「仕事は楽しいかね」を読んだ

昔読んだことがあって、そのときに結構良い印象があった。ただどんな内容だか全く覚えていなかったので、再度読んでみようと思った。

大雪で閉鎖になった空港で、偶然出会った老人の問いかけに、動揺してしまった35歳の"私"。日々の仕事にゆきづまりを感じ、未来に期待感をもてない私に、老人は一晩だけの講義を開始した。

仕事は楽しいかね?

良いなと思ったこと

読んでいて、ポイントになるなと思ったところがいくつかあった。

試してみることに失敗はない

明日は今日と違う自分になる

適切な時とか完璧な機会なんてものはないということ。

〈あらゆること〉をしろ。素晴らしいアイデアは、どこからやってくるかわからないのだから

素晴らしいアイデアはどこからやってくるかわからないのだから、計画を綿密に立てるのではなくて、毎日試すことが大事。 成功者の真似ばかりしててもその人にはなれないし、チャンスを伺っていても完璧な機会なんてない。

読んでみて考えたこと

試してみることに失敗はないって良い言葉だなと思った。実際にミスして失うものがなかったとしても、試すのに躊躇してしまうことはよくある。 試すこと自体に億劫になってしまうと、そもそも試すべき時にも試さなくなってしまうと思うので、日頃から意識しておきたい。

また、試すということはあまり大きな話で捉えすぎない方が良いと思う。必ずしも何か大きな挑戦を試すこととして捉えてしまうと、年に数回しか試すことができなくなる。 普段通ってない道を通って帰るとか、普段とちょっと違うことをして、そこで感じる変化に目を向けるということが重要。

コカコーラやその他の製品が生まれたきっかけがくどいくらいに具体例として出てきたが、そのどれもが後から振り返るとちょっとしたことであった。 ただ他の人であればスルーしてしまうような出来ことに目をつけたから成功できている。

「仕事は楽しいかね」という問いも良いなと思った。 これに対してポジティブな回答ができなくなったらそれはその仕事のやめ時か、何か変化しないといけないタイミングだと思った。自分の場合は絶対にやめ時だけども。笑

何を試してみようか?

せっかくなので、前からやろうと思ってて後回しにしてきたことをやる。

  • キックボクシングジム
    • 前に通っていたところ退会して、次のところを見つけてないので体験に行く
  • コンタクト
    • 5年以上前から目悪くてずっと裸眼なので、そろそろコンタクトを使ってみようと思っていた
  • Tiktok の配信
    • これは前にやっていたアカウントがあるのと、ネタがいくつかあるのでこれでまたやってみる (踊ったりしてるわけじゃないw)
  • ボイストレーニング
    • これも前から興味あったけど、ちょっとめんどくさいと思っていたのでまずは体験ぐらい行ってみる
  • マッチングアプリ
    • 新しいアプリを見つけて、そろそろやるかなぁとなった

まあ難しいことを考えずにとりあえずやってみようか。 本の少しだけど普段と違うことを試してみる。